2016年12月1日木曜日

☆★院内旅行~京都鉄道博物館・京都水族館・伝統工芸体験~★☆

みなさんこんにちは!(^O^)
院内旅行が続いているので、最近は更新が多めですよ!( *´艸`)ふふふ
お子さんも参加できる日帰り旅行より、またまた記事頂きました!

゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚
院内旅行日記 *京都編*
コースは京都水族館又は京都鉄道博物館→(昼食)お屋敷・高瀬川二条苑→虚と伝統工芸体験(丸益西村屋)→お漬物(西利)買い物での弾丸バスツアー!

チンアナゴやカクレクマノミなど可愛い魚たちに癒された、京都水族館。
ストロー笛を使ったイルカと観客の音のコラボレーションが最高だったイルカショーは子供も私も大喜びでした!!(*^▽^*)
電車好きの子供たちが「次!」「次!」と新幹線や、今は走っていない電車との写真撮影に
大忙しだった、京都鉄道博物館。
ラッキーなことに、鉄道お仕事体験「保線屋さん」の抽選に当たり、ヘルメット・作業着・軍手着用の
フル装備でテンションも上がります(^▽^)/
線路の点検、枕木の固定など道具を使って体験し、「お母さん、将来は是非!」とお褒めの言葉を
頂きました(笑)
滞在時間約2時間「時間がなーい!」とダッシュしても間に合わなかったSL蒸気機関車は、
また家族でリベンジしたいです(゜ω゜)
日本銀行元総裁の別荘であった、お座敷・高瀬川二条苑での昼食は、舞妓さんを鑑賞しながら
懐石料理を頂きました。
普段聞くことの出来ない舞妓さんのお話はとても興味深く、記念撮影では子供たちと
思い出に残る1枚が撮れました。
京都伝統工芸体験では、自分好みの型を選び友禅染で色をつけて、子供はハンカチ、大人は
スマホケースを作りました。
手や服も染まりましたが、世界で一つだけの素敵な一品が出来上がりました。

弾丸バスツアーでしたが、子供と一緒に参加ができて、親子遠足のような賑やかで楽しい旅行に
なりました。来年も楽しみにしています!(*^▽^*)

眼科外来 T.H
゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚

2016年11月28日月曜日

☆★院内旅行~吉本新喜劇~★☆

寒さも本格的になってきました!!( ;∀;)
寒さを我慢せず、あたたかい格好を心掛けていきましょう!
さて、今回は院内旅行日帰り班より記事を頂きましたのでご紹介致します(=゚ω゚)ノ

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*
こんにちは。3階病棟の福元ゆかりです。
11月12日(土)に吉本新喜劇の院内旅行に参加させて頂きました。
このツアーは子供連れ可能という有り難いプランだったので、
新喜劇大ファンの子供達も一緒に参加させて頂きました!(*^▽^*)
子供達は小さな頃から仲良くしている、ピヨピヨ(託児所)仲間と一緒に
ワイワイ楽しい時間を過ごせたようです。
親も吉本新喜劇で思いっきり笑い、ホテルのビュッフェバイキングで、
おいしいものをたくさん食べれてリフレッシュできた1日となりました!♪

来年も子供連れで院内旅行に参加させて頂きたいと思っています!
楽しい1日をありがとうございました!!(^O^)/
*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

2016年11月21日月曜日

☆★院内旅行~東京ディズニーリゾート~★☆

みなさんこんにちは!
どんどんと冷え込む季節になってきました!もう年末に向かって慌ただしい日々だと思います。
さて!ツカザキ病院院内旅行記を新人看護師より頂きましたので、お届けします(*^▽^*)
若い女子ならではの内容になっていますよ( *´艸`)ふふふ

.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。
10月5日、5時30分集合。
外は真っ暗。姫路から始発の新幹線で夢の国ディズニーランドへ!
朝早かったにも関わらず、新幹線の中でも気分上々!あっという間に夢の国到着。
天気は快晴!みんなでお揃いの耳を買い、いざアトラクションへ!!
まずはスペースワールドへ!6人で並べば待ち時間もへっちゃら☆
乗り終わった後は叫びすぎて、はじめから声が枯れ気味…( ;∀;)そのあとはディズニーランドといえば…そう!シンデレラ城!…ということで集合写真をキャストさんに撮ってもらいました。
さすがプロ!バッチリ綺麗に撮れていました!
気付けば辺りはすっかりライトアップされた夜のシンデレラ城へと変身!夜のスプラッシュマウンテンは絶景ポイントの1つ!エリクトリカルパレード、シンデレラ城に映されるワンスアポンアタイムのショーに全員感動でした。
ランド1日目はみんなで叫び、スプラッシュマウンテンでずぶ濡れになり、2万歩以上も歩き閉園ぎりぎりまでたっぷりはしゃいで楽しめました!
翌朝も快晴!ホテルの部屋のオーシャンビューにテンションが上がりつつ、さぁ準備開始!
朝食はホテルのバイキングにて、あれもこれもとたくさん食べました。食事が終われば、いざ、ディズニーシーへ!!
まずは昨夜の計画通りトイストーリー目指して全力疾走!残念ながらファストパスは逃してしまいましたが、パーク内の異国情緒あふれる街並みに気分は最高潮!!
スリル満点のタワーオブテラーに大絶叫し、アリエルのショーに心癒され、大満足でした!!
最後の最後まで遊びきり、それぞれお土産を買って夢の国とサヨナラしてきました。
案の定、新幹線ではみんな爆睡。メンバーそれぞれ仕事場での悩みや相談事、または楽しんでいることなど話し合え、明日からまた頑張っていこう!という気持ちになれました。
1泊2日の社員旅行、とても楽しかったです!!ありがとうございました☆

2F:A.K、3F:M.U、4F:S.K、HCU:K.S、SCU:M.Y、OP:F.E
.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。

2016年11月5日土曜日

☆★院内旅行~門司港レトロ・七ツ釜遊覧~★☆

院内旅行シリーズ第2弾!
博多・佐賀の九州旅行の記事を頂きました!

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....*.....*.....*.....*.....*
10月29日、30日の九州博多旅行に参加させて頂きました!新幹線では優雅に朝からお酒を頂き、修学旅行気分でトランプをしながら福岡までの道のりを楽しみました。

1日目は小倉駅から門司港へレトロな街並みを散策しました。本当に建物がレトロで、ちょうどフリーマーケットも開催されており、大道芸の方もおられお祭り気分を味わいながら散策しました。
とても天気が良かったので外で飲む地ビールもおいしかったです。
昼食は旧三井倶楽部という建物で、内装もレトロな洋館でした。昼食は魚がメインでした。
昼食だけでなく、その場の空間も楽しませて頂きました。笑いの絶えない時間となりました。















そのあと大宰府天満宮に参拝に行きました。
太宰府天満宮には境内に向かうために通る3つの橋があり、手前から「過去」「現在」「未来」を表されているそうです。「過去」の橋を渡るときには、絶対に後ろを振り返らずに真っ直ぐ前を向いて渡り、そして、「現在」の橋では黙って立ち止まらず進み、「未来」の橋は、つまずかないように気をつけて渡り切るのが良いとされていました。無事つまずくことなく渡ることが出来、ほっとしています。
夕食はふぐのコースでした。食べたことがないふぐを楽しみにしていましたが、なかなか食べるのに苦戦して少し疲れてしまいました。笑
食後には中洲の街に出ました。ちょうどお祭りがされていて「女神輿」をかつがれている女性の
方がたくさんいました。屋台を楽しみながらお酒の飲める場所に移動し街を堪能してホテルに
帰りました。

2日目の七ツ釜遊覧は波をアトラクションのように感じながら自然で作られた風景を楽しみました。七ツ釜はよく数えると八つあるそうで、でもみんなが七ツ釜と言っているのでそういうことになって
いるそうです。イカ丸2号の船長さんも面白い方でした(*^▽^*)
そして楽しみにしていたイカ活け造りを頂きました。本当に触ると動いたのですごかったです!
楽しい時間はあっという間でしたが、普段お酒を交わさない部署の方々とも楽しい時間を過ごすことができました。今年も貴重な機会に参加させて頂きありがとうございました。来年も楽しみにしています!
SCU 赤瀬 優

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....*.....*.....*.....*.....*

2016年10月26日水曜日

第43話 災害時防災訓練を実施しました

こんにちは!10月21日(金)に鳥取県中部を震源とする地震がありました。
鳥取の被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。
また、1日も早い復興をお祈り致します。
ちょうどその前日となる20日(木)にツカザキ病院では、災害時に備えた防災訓練を実施しました。

今回の訓練では13時40分に近隣地域を震源とする地震により、
網干駅にて列車の転覆事故が発生したことを想定した内容となっており、
実際に重症度を判別するトリアージタッグを付けての訓練になりました。
医師・看護師・コメディカル・事務員と全職種が力を合わせた訓練となりました。
網干消防署の職員の方にもご協力いただきました。
今回の訓練では、
昨年の訓練の振り返りより、ひとりひとりの傷病者に対する対応を行っていきました。
傷病者役の職員も臨場感を与えられるよう、血のりをつけて傷口を表現したりパニック状態の
演技をして頂きました。
もし本当にこのような事故が発生してしまうと、ゆっくり対応は出来ません。
職員全員で力を合わせて「もしも」のために日頃からの訓練の大切さを感じました。
blog担当 宮浦