2017年8月18日金曜日

第57話 看護部長のつぶやき7「みる」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を
                    不定期につぶやき、発信するページです。~

皆さま、こんにちは。河本智美です。
8月に入りあっという間に半ばを過ぎてしまいました。お盆を過ぎると少しは暑さも和らぐかと思いきや、連日の猛暑更新のニュースにうんざりしてしまいますね。
このたび、81日で看護部長に就任し1年を迎えました。無我夢中でしたが、1年を迎えられましたのも、ひとえに皆さまのご協力とご支援のおかげと感謝いたします。

先日、お寺の住職の説法を聞かせていただきました。そこで、「看護」とう漢字のお話がありました。「看」は「手と目で『看る』」そして、「護」は「まもる。中のものを傷つけないように外からとりまく。かばう。」漢字の意味が私たちの職業の役割になっていますよね。看護師になり、にじゅうウン年・・気づかずに看護師人生を生きていました()。その字のみを見てるだけ・・・で、漢字の表す意味を考えていませんでした。なんと愚かな・・・。それも、他職種から気づかされるという失態・・。凹みです。(+_+)
患者さまやご家族さまに、看護師という専門職の目で「看て」そして触れて「護って」看護の原点を再認識しました。当院看護部の学生向けのパンフレットの表紙に「見る」「診る」「視る」「看る」とあるのをご存知ですか?まさしくその通りですね。

日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏は、「『リーダーであること』を決めるのは自分ではなく、周囲の人達」と述べています。周囲からリーダーと認められるには、「この人は興味深いと感じさせる魅力」と「良い結果を出し続けること」が条件となり、自分自身は、この1年リーダーと認められる条件をクリアすることができたか?と考え、いろいろな意味で初心に戻り、内省した時間をもちました。

先週、看護学生さんより、「ブログを楽しみにしています。『運』のつぶやきが興味ありました。」とご感想を頂きました。このブログも4ヵ月目に入り、少し更新もしんどくになっていたのも事実ですが、少しの元気でも与えることができていることを、大変うれしく思っています。これからも、発信を続けていきたいと思います。

「和顔愛語(わがんあいご)」お経の中に出てくる仏語で、読んで字のごとく「穏やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接する」という意味です。これは、常に周りに気を配り、相手を思いやることを忘れてはいけない。嫌なことがあっても、下を向かずに前を向いて生きること。すると、笑顔は自然と縁を呼び、幸せを引き寄せる。ということです。
これからも患者さまやご家族さま、そしてスタッフの笑顔がたくさん見られますよう、努力して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

2017年8月17日木曜日

第56話 国試対策勉強会を実施しました!

みなさんこんにちは。
お盆はいかがお過ごしでしたか?私は実家の前の道(農道?笑)に寝転んで
父と姉と流星群を眺めました。いくつか綺麗な流星群をみることができましたよ!
田舎の夜は星がとても綺麗です(*´ω`*)…おかげで足が蚊の餌食にはなりましたが笑

さて!8月初旬に当院看護部の国試対策勉強会を実施致しました!
1日目は当院 院長の夫 由彦先生による「脳・神経」についての講義が行われました。
座ったまま講義を聞くだけでなく、色んな動きや声に出して頭に残る講義となりました!

2日目は当院 循環器内科部長の楠山 貴教先生による「心臓・循環器」についての講義が行われました。
いつもとても軽快なトークで毎年人気の勉強会です!事前にアンケートで学生が苦手とする循環器の内容を主として講義をして頂きました。

楠山Drの軽快なトークがブログでも見れる!?
PRしておきますね!気になった方はぜひ楠山Drの徒然ブログ、確認してみてください♪
http://www.tsukazaki-hp.jp/care/respiratory/blog

内定者全員の参加とはなりませんでしたが、参加者にとってはとても有意義な時間になったことと思います!(*´ω`*)
お盆も過ぎ、今から涼しくなってきます!体調管理もしっかりしながら試験勉強も頑張っていきましょう!
…たまにリフレッシュもね!(^◇ -)-☆
blog担当 宮浦

2017年8月7日月曜日

☆リアルタイムレポート 4階病棟☆

こんにちは!
当院看護部では、病棟の様子を皆さんに知って頂くため、資料請求・病院見学会・就職説明会にお越し頂いた方のみを対象に「リアル」な「レポート」をハガキでお届けしています!

もう自宅に届いている方もおられると思いますので重複しているかもしれませんが…
今回は4階病棟の紹介です!(^o^)/
興味をお持ちの方は、是非病院見学へお越しください!(*^▽^*)
既卒者 見学申し込みはこちら
学生・新卒者 見学申し込みはこちら

blog担当 宮浦

2017年7月29日土曜日

第55話 看護部長のつぶやき6「変革」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を
                    不定期につぶやき、発信するページです。~

皆さま、こんにちは。河本智美です。
7月も終わりに近づき、猛暑日が続いていますが、いかがお過ごしですか?当院も、熱中症の患者様の搬送の救急車が絶えません。体調管理をしっかりと行ってくださいね。

さて、本日のつぶやきは、「変革」です。「うん?突然に何のこと?」と思われるかもしれませんが、お付き合いくださいね。ダーウィン(英国の博物学者で進化論の確立者)は、「最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるものでもない。唯一生き残るものは、変化できるものである。」と述べています。地球上で環境の変化に対応できた遺伝子こそが生き延びてきたのです。

組織は、人と人をつなぐネットワークです。それは、人脈とも言えるでしょう。人脈は組織を活性化し、自らも変革する資源です。己の視野を変える、言い換えれば、セルフイメージを変革させる、セルフリノベーションとも言えるでしょう。人も組織も変革できるのです。人も組織も、セルフイメージをリノベーションすることで生き続けるのです。
さっきから、「イノベーション?」「リノベーション?」と混乱されている方もおられるかもしれませんので、少しググってみましょう。実は私も混乱しました。() 簡単に言うと、イノベーションとリノベーションは、アプローチの違いであると書いてありました。イノベーションは、まだない新しいものを作ることであり、リノベーションはすでにあるものを新しくすることです。良し悪しではなく、イノベーションとリノベーションの共存が必要ということです。つまり、「新しい」を生み出すためには、まだないものからまだないものを生み出す「イノベーション」か、すでにあるものからまだない組み合わせを生み出すか、大きく2通りあるということです。
組織には、3つのシンカがあるといわれています。「新化=新しくする」だけでは足りません。この他に「深化=深くする」と「進化=生成発展」があります。まさに、「イノベーション」と「リノベーション」ですね。
人を動かし「変える」ということは、並大抵のことではありませんが、自分自身を少しだけ「変えてみる」努力はできるのではないでしょうか? (#^.^#)

Nursing BUSINESS 2017 vol.11 no.6メディカ出版
ccore.co.jp/company-renovation/ より引用

2017年7月18日火曜日

第54話 看護部長のつぶやき5「医療人よ、自分自身を大切に」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を
                    不定期につぶやき、発信するページです。~

皆さま、こんにちは。河本 智美です。
7月も半ばを過ぎ、蝉の声も嫌になる季節となりました。入職して4ヶ月が経ち、当院の新人看護師の白衣姿もずいぶんと板につき、戸惑いながらも確実に成長している様子が見られます。

さて、本日のつぶやきは「医療人よ、自分自身を大切に」です。
医療はやりがいのある仕事です。自分の人生の膨大な時間とエネルギーを注ぎ込むだけの価値のある素晴らしい仕事だと思います。しかし、仕事の価値とそこにかかわる一人の人間としての人生の話は少し距離を置いて考えるべきでしょう。自分自身が燃え尽きそうになっていないかを冷静に考えることも重要です。自分を大切に・・・です。休養するときは休養し、気分転換を図り、趣味を楽しみ、友人や家族との時間を作るのも大切です。時には、自堕落な自分を認め、自分を甘やかしてみるのも必要かもしれません。とはいいながら、一方で、自らの職業に対する誇りを感じて、より高みを目指してみるという発想も大事です。

ギリシャ時代の医師であるヒポクラテスは「医療職に必要とされる特性:学識、知恵、人間性、誠実さ」と述べています。やはり、医療にかかわる人は生涯学習を続けなければなりません。得られる学識は大切です。単なる知識ではなく、ある状況で工夫ができたり、判断ができたりすることも大切で、それは知恵と呼ばれるものです。さらに、人間性や誠実さも重要だとヒポクラテスは述べています。加えて、直観も重要な特性だと思います。直観・・・何となく嫌な予感がする。どこかおかしい・・。そんな感覚に謙虚に耳をすませることができるのも大切な特性です。

うまくいかないことなど山ほどあります。達成できないことも山ほどあります。でも、その中でも私たちは学ぶことができますし、これからのための教訓を作ることもできます。うまくいかなかったことをどう考えるか、考えて次に生かすという意思を持つこと。その方がよっぽど健康的でかつ意義深いことだと言えます。
「医療人よ、自分自身を大切に」これは、適度な休息や気分転換、そして何より、自分自身の納得のいく仕事をすること。かなぁ~と思いました。「納得のいく仕事」またまた、ハードルが上がりましたが・・・() 
夏本番!皆さま、心も身体もご自愛くださいませ・・。(^^)
病院安全教育 Vol.4 No.6 日総研 より引用