2017年9月21日木曜日

第59話 看護部長のつぶやき9「組織ときょう育」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を
                    不定期につぶやき、発信するページです。~

皆さま、こんにちは。河本智美です。
9月も半ばを過ぎ、当院の新人看護師たちも、入職半年を迎えようとしています。早出や遅出の業務にも慣れ、プラスワンの夜勤練習が始まっている病棟もあります。夜勤が始まると「看護師になったんだ~」と感じるようです。そういう私もそのひとりでしたが、もう夜勤は無理かもしれません。体も動きませんし、睡魔に負けてしまいます。()

さて、今日のつぶやきは「『組織』と『きょう育』」です。

看護師のバイブルであるフローレンス・ナイチンゲールの「看護覚え書」には、「看護とは、新鮮な空気、陽光、暖かさ、清潔さ、静かさなど適切に整え、これらを活かして用いること~(後略)」とあります。これを組織に置き換えてみると、「組織とは、新鮮な発想ができる環境、明るい笑顔、暖かみのある思いやりのある声掛け、多重課題の解決、心落ち着けてじっくり振り返る時間の設定などを適切に整え、これを活かして用いること~」となるでしょうか?(ちょっと無理があるかと思いますが・・・(+_+)

ピーター・ドラッカー(経営学者)が「組織は目的ではなく手段である。したがって問題は『その組織は何か。』ではない。『その組織は何を為すべきか。機能は何か。』と説いています。「まずは形から・・」という言葉があるように、組織というものも時には形から入ることもありますが、組織のあり方は一人ひとりの特性、長所を引き出しのばすことを念頭に、医療の現場では、患者様・ご家族様が求められる「その人らしい生活」に貢献できるか、ではないかと考えます。

組織の成長には教育は不可欠です。時代は「教える、教えられる時代」から「育てる、育てられる時代」へと変化しています。共育、協育、鏡育、競育、恐育・・・いろいろな育て方があると思います。自らが育ち、相手を育てることはエネルギーが必要となります。
このコラムを目にして、いろいろなことを考えさせられました。「きょう育」はなかなか思うようにはいきません。ビジョンや目標、熱い想いがあっても、それだけでは人は育てられません。日々悩み切磋琢磨し、それでも歩み続けること、そして一人ではなく「きょう育」は、組織で行うことが重要だと痛感しています。「きょう育」は、一朝一夕では成しえません。数か月後、数年後にオンリーワンの花が開くことを願い、今日この瞬間の「きょう」を思い描きながら「育」を楽しめたらいいですね~。(*^_^*)
                   引用参考:ナーシングサポート便り第58 学研メディカルサポート

2017年9月11日月曜日

☆リアルタイムレポート SCU☆

こんにちは!
当院看護部では、病棟の様子を皆さんに知って頂くため、資料請求・病院見学会・就職説明会にお越し頂いた方のみを対象に「リアル」な「レポート」をハガキでお届けしています!

もう自宅に届いている方もおられると思いますので重複しているかもしれませんが…
今回はSCU(Stroke Care Unit )の紹介です!(^o^)/
興味をお持ちの方は、是非病院見学へお越しください!(*^▽^*)
既卒者 見学申し込みはこちら
学生・新卒者 見学申し込みはこちら

blog担当 宮浦

2017年9月4日月曜日

☆リアルタイムレポート HCU☆

こんにちは!
当院看護部では、病棟の様子を皆さんに知って頂くため、資料請求・病院見学会・就職説明会にお越し頂いた方のみを対象に「リアル」な「レポート」をハガキでお届けしています!

もう自宅に届いている方もおられると思いますので重複しているかもしれませんが…
今回はHCU(High Care Unit )の紹介です!(^o^)/
興味をお持ちの方は、是非病院見学へお越しください!(*^▽^*)
既卒者 見学申し込みはこちら
学生・新卒者 見学申し込みはこちら

blog担当 宮浦

2017年8月31日木曜日

第58話 看護部長のつぶやき8「先入観」

~看護部長が看護にかかわるさまざまな「気になること」を
                    不定期につぶやき、発信するページです。~


皆さま、こんにちは。河本智美です。
暑い暑いと過ごしてきましたが、先日、赤とんぼが飛んでいるのを見かけました。季節が過ぎるのは早いですね~。当院の新人看護師は、夜勤の練習を始めている部署もあります。できる事も日に日に増え、少しずつではありますが、戦力として頑張っています。

さて、今回のつぶやきは、「先入観」のお話です。某メーカーの「カップうどん」が話題になっていたのを皆さんご存知ですか?その「カップうどん」は5分待って食するというものでした。それを、ある芸人さんがテレビで「10分待った方がよりおいしい。」という話をしたのです。その話がきっかけで、あっという間に広がりメーカーにも伝わったそうです。当初メーカーでは、「そんなことはない。」という姿勢だったのですが、ついにはその事実を認め、謝罪の広告まで出したのです。『(前略) 5分でお客様においしさを届けるということに縛られすぎていて、世の中の多様性を見抜けていなかったことを深く反省しております。(中略) おかげさまで売れています。ありがとうございます。』()
私たちの業務も同様だと思います。「こうだろう」という経験値による先入観から、見逃してしまう事が多いのではないでしょうか?

さて、「先入観」「偏見」「固定観念」それぞれ似た意味で用いられますが、違いがあるようです。
先入観」とは、最初に知ったことで作り上げられた固定的な観念をいいます。
偏見」とは、先入観の一種であり、否定的な情報に偏った見解のことをいいます。
固定観念」とは、一度正しいと思い込んだ結果、安易に変えることができなくなった考えをいいます。固定観念も先入観の一種ですが、先入観より固定の度合いが頑固です。

私たちは最初に知ったことを正しいと信じやすい傾向にあります。学んだこと、人から聞いたこと、メディア等から得られる情報で、様々な知識を得ていく中で自然と先入観ができ、影響を受けます。先入観が強いと悪影響がおよびやすくなり、できるだけ先入観を最小限に抑える努力は必要です。

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」アルベルト・アインシュタインの言葉です。今一度、立ち止まって目の前にある事象としっかりと向き合わないといけないのではないでしょうか?((+_+))
某メーカーはその後「5分でも、10分でもうまい○○○○!」と、発想の転換をされていました。ちなみに余談ですが、どのメーカーの「カップうどん」でも「10分待った方がよりおいしい。」というわけではないようです。10分も耐えられない麺もあるようです。もちろん、麺の硬さの好みが「おいしい」を左右するとは思いますが・・・() (#^.^#) 

2017年8月28日月曜日

☆リアルタイムレポート 手術室☆

こんにちは!
当院看護部では、病棟の様子を皆さんに知って頂くため、資料請求・病院見学会・就職説明会にお越し頂いた方のみを対象に「リアル」な「レポート」をハガキでお届けしています!

もう自宅に届いている方もおられると思いますので重複しているかもしれませんが…
今回は手術室の紹介です!(^o^)/
興味をお持ちの方は、是非病院見学へお越しください!(*^▽^*)
既卒者 見学申し込みはこちら
学生・新卒者 見学申し込みはこちら

blog担当 宮浦